視力回復方法の比較

メガネとの比較


メガネを使って視力回復している日本人は、6000万人と言われています。世界の中でも、屈指のメガネ大国であり、不自由に感じている方が多くいらっしゃいます。あなたは、フレームやレンズの厚みによって、視界が狭くなり、疲れを感じることがありませんか?メガネのつるがこめかみに食い込み、痛みを感じることがありませんか?スポーツをされる方は、メガネを外すか、付け続けなくてはならず、しかも視界の狭さに煩わしさを感じておられるのではないでしょうか。震災の際には、メガネがないために非難が遅れた方や、実際に被害に会われた方が多くいらっしゃったようです。

また、強度近視の方のメガネは、レンズが厚くなるため重みが増し、顔に跡を付けてしまいます。物が歪んで見えることもあり、頭痛や肩こり、眼精疲労などの症状を引き起こすこともあります。確かに手軽な視力矯正法ではありますが、裸眼に劣る点が多々あり、ご自身の生活環境によっては、適さない場合があるということを把握しておく必要があります。

これに対しレーシックは、多くの方の強度近視、強度乱視を矯正してきた実績があり、多くの方が術後に快適な生活をされています。メガネに比べて実用的であり、質の高い見え方を実現でき、視力回復効果が持続するレーシックについて、眼科専門医が常駐する新宿近視クリニックにご相談ください。メガネを気にしない生活は、気分さえも前向きにすることでしょう。あなたも、メガネのいらない、快適な裸眼生活を始めませんか?

 

コンタクトレンズとの比較

コンタクトレンズの装用人口は1500万人から1800万人と言われており、メガネに次ぐ、選択肢となっています。メガネとは異なり、角膜に乗せて使用するため、視野への影響が少なく、歪みがなく、裸眼に近い状態で生活ができます。スポーツをされる方に多く利用されています。乱視や強度近視の矯正も可能であるため、それらの理由から選択された方も多くいることでしょう。


これらのメリットの反面、角膜を傷付けるため、用法を誤ると、角膜障害を引き起こすリスクが常にあります。長期の利用は角膜にある細胞を傷付けるため、生涯使い続けることは、お勧めできません。花粉症の方は涙が止まらないこともあり、飛散の時期には、装用を控える方が多くいらっしゃいます。更に、装着の手間がかかり、メンテナンスも念入りに行う必要があります。ケア用品の購入などのランニングコストもかかるため、長期間の装用を考えた場合、比較的に割高な選択肢となります。震災などの際には、メンテナンスができなくなるため、補助アイテムとして、メガネも所持しておくことをお勧めします。

一般的に、レーシックの費用は高いと言われていますが、コンタクトレンズの種類によっては、数年でランニングコストが逆転してしまいます。レーシックの方が、費用対効果の高い視力回復手段であると言えます。

 

オルソケラトロジーとの比較

視力矯正専用のコンタクトレンズを就寝時に装用することで、角膜の形状を変形させて、視力を回復させるのが、オルソケラトロジーです。コンタクトレンズの内面の中央部が平らに出来ているため、装用した際に、角膜は圧迫されて平坦になり、角膜の屈折率を変えます。朝、オルソケラトロジーを外す頃には、視力が矯正されているため、日中を裸眼で生活することができるようになります。

オルソケラトロジーを始めたばかりの頃は、角膜にクセがつきづらいため効果は弱く、半日程度しか効果はありません。継続して装用することで、少しずつ視力が安定していきます。オルソケラトロジー開始後3ヶ月後には、週5日程度の装用で、裸眼視力1.0を維持できるようになる方もいらっしゃいます。

デメリットは、効果が永続しないという点です。レンズの装用を中止すれば、角膜の形状が元に戻ると同時に、視力も元の状態に戻ります。また、レーシックなどの視力矯正手術と比べて安い視力回復方法ではありますが、コンタクトレンズ同様、ケア用品の購入などのランニングコストがかかります。メンテナンスの手間がかかり、レンズには寿命もあるため、想定している試用期間などを考慮して、比較検討する必要があります。


オルソケラトロジーと異なり、レーシックはレーザーによって角膜を削って形状を変えるという、外科的な治療を行います。根本的な改善を行うため、術後に角膜の形状が手術前の状態に戻ることはありません。安定した効果を求める方には、オルソケラトロジーよりも、レーシックをお勧めしています。

 

視力回復トレーニングとの比較

名称の通り、目を鍛えることで視力の回復を行います。提供する会社によって手法は異なりますが、毛様体筋を訓練することによって、水晶体の屈折を調節し、視力低下を防ぐことが基本となっているようです。薬剤の使用はないため、安全性はあり、比較的、気軽に実施することができる選択肢です。

しかしながら、毛様体筋を鍛えることについては、その実現性に疑問視される点があります。仮に、トレーニング効果があるとしても、仮性近視などの初期の状態であることが条件となり、中度や強度の近視の場合における効果は、期待が薄いものと思われます。乱視や遠視には効果がないという点もデメリットになります。
その方の考え方や求める見え方の質によりますが、レーシックなどの視力回復手術は、短期間で効果が高いため、当院としてはこちらをお勧めしております。