治療全体の流れ

治療全体の流れ
術前検査から手術、術後検診まで。
専門医による最適な治療。
当院では術前の検査から手術、手術後の検診までを豊富な経験をもつ眼科専門医が親身になって行います。
それでは実際に当院でレーシック治療を受けられる場合の、カウンセリングから術後検診までの流れをご紹介します。
コンタクト装用中止の際にメガネをお持ちでない方にはメガネのお貸し出しをおこなっております。ご予約の際にお問い合わせ下さい。

検査の予約・お問い合わせ

検査のご予約は電話またはインターネットで受け付けています。
手術に対する疑問や不安などもお気軽にお問い合わせください。
検査の予約・お問い合わせ

【適応検査前のコンタクトレンズ使用制限】
・ハードコンタクトレンズ/検査前約2週間は使用しないで下さい。
・ソフトコンタクトレンズ/検査前3日間は使用しないで下さい。
・乱視用ソフトコンタクトレンズ/検査前約1週間は使用しないで下さい。

 

適応検査・カウンセリング

レーシック治療は誰でも受けれるわけではありません。
レーシック手術を受けられるかどうかを判断するために、角膜の形状や眼の状態などいくつかの検査をします。
適応検査の結果次第ではレーシックに不適応と診断されることもあります。
適応検査・カウンセリング

【手術前のコンタクトレンズ使用制限】
・ハードコンタクトレンズ/手術前約2週間は使用しないで下さい。
・ソフトコンタクトレンズ/手術前3日間は使用しないで下さい。
・乱視用ソフトコンタクトレンズ/手術前約1週間は使用しないで下さい。

 

手術当日

検査・診察
手術前の再検査を行い、事前に行った検査データと照合します。
検査・診察
手術
眼科専門医が手術を行います。
両眼で約10分前後で終わります。
点眼麻酔を行いますのでで痛みは少ないです。
手術
診察
フラップがきちんと固定されているかなどを確認して終了です。
 

術後検診

→手術翌日→1週間後→3ヶ月後→

術後は手術翌日・1週間後・3ヶ月目にお越しいただきます。
それ以降も何か気になることがあれば、術後1年間までは無料で診察をお受けいただけます。
(1年目以降は実費にて診察可能です)

術後検診