視力向上のカギは、角膜の『厚さ』と『形』

視力向上と角膜の関係


レーシックの矯正効果は、角膜の厚さや形と密接に関係しています。そのため、角膜の厚みが十分にあり、正常な形の方は安定した効果を期待できますが、角膜が薄く、形状が正常ではない方は、十分な効果が期待できないため、角膜を削らない術式(ラゼックやICLなどの眼内レンズ)のご検討をいただくことになります。日本人の平均の角膜の厚みは、520μmとされており、当院の検査においては、この数値を基準としております。

上記したとおり、手術後の視力向上効果は、角膜の厚みや形により異なりますが、新宿近視クリニックでは、術後3ヵ月後の平均視力は1.45、1.0以上の視力が出ている方は96.47%となっております。術後の予測数値は、無料の適応検査でお出ししています。眼科専門医に直接に相談をしていただき、納得のいく選択をすることをお勧めします。

※2013年1月〜2015年9月のデータ

 

強度近視の場合

網膜の手前に光の焦点があるために、ピントが合わず、遠くのものがはっきり見えない状態を近視といいます。屈折異常の一種で、その種類には、角膜や水晶体の屈折率が強いことで起きる『屈折性近視』や、眼球の奥行きが長すぎて起こる『軸性近視』があります。 強度近視の方は、軸性近視である場合が多く、-6D〜-10Dの視力状態です(『D』はディオプターという屈折度数の単位)。レーシックを受ける場合、通常よりも深く角膜を削ることになりますが、限界量があるため、慎重に検査を行い、安全性を十分に見定める必要があります。その結果、強度近視で角膜が薄い方の場合は、レーシックをお受けいただけない可能性が高くなります。しかしながら、術後の角膜の厚みを確保できる方の場合には、1.0以上の視力向上を期待できます。


現在では主流となったイントラレーシックでは、角膜の厚みを正確に把握して、均一にフラップを作成するため、従来の刃物を使ったレーシックに比べ、角膜の切除量が少なくて済むようになりました。強度近視の方でも、安全に治療が可能になり、高い視力向上効果を期待できるようになりました。
新宿近視クリニックでは、角膜を削る必要のないラゼックやICLなど、強度近視の方にも、幅広い選択肢をご用意しております。

 

近視の戻りについて

レーシック手術後、しばらくしてから、近視の状態に戻ってしまうことを「近視の戻り」といい、稀に発生してしまう方がいらっしゃいます。強度近視の方の場合、角膜の切除量が多くなるため、角膜の強度が弱まります。このため、比較的、発生しやすい傾向があります。

目には治癒能力があり、削られた角膜を再生し、元に戻そうとします。また、普段から目には眼圧がかかっており、手術によって強度の弱くなった角膜が押し出され、変形してしまう場合があります。このような要因が、近視の戻りを引き起こしますが、角膜の厚みが残っていれば、再手術によって視力向上ができます。

新宿近視クリニックには、術後のアフターケアサービスの1つとして、「再手術無料保障制度」をご用意しております。近視の戻りが発生した場合、術後3ヶ月以上を経過し、安定した状態であり、かつ裸眼視力が1.0に満たない場合にご利用いただけます。

 

老眼の場合

残念ながら、レーシックには、老眼に対しての視力向上効果はありません。老眼は、視点にピントを合わせるために、厚さを変化させる水晶体の柔軟性が失われる、老化現象の1つであり、角膜に対して治療を行うレーシックでは、治療をすることができません。

老眼自体の治療はできませんが、遠くも近くも見えるようにすることは可能です。詳しくは、新宿近視クリニックの眼科専門医にご相談ください。