お得な情報
割引特典情報|様々な割引制度や特典があります 交通費・宿泊費最大3万円サポート お友達紹介制度|レーシックを受けようと考えている方が身近にいらっしゃいませんか?
  • 無料検査予約|カウンセリング・検査予約はこちらからどうぞ
  • 無料メール相談|何でもご相談、ご質問ください。丁寧にわかりやすくお答えいたします
  • 無料資料請求|レーシック治療、老眼治療等に関する資料請求ができます

新宿近視クリニック
無料説明会日程

レーシック・ICL
ReLEx SMILE

630日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

728日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
老眼治療

714日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
レーザー白内障手術

714日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
著名人レーシック体験レポート
老眼・白内障治療
メディア掲載情報(多数のメディアで紹介されています)
私たちにとっての「患者様の声」とは
提携ホテルのご案内
取材・メディア・広告についてのご連絡先
ブログバナー

レーシック体験レポート

SBC Lasik REPORT

生き方健康学者、作家 Dr.佐藤富雄さんのレーシック体験レポート

学者、作家としてご活躍中のDr.佐藤富雄さんがレーシック治療のためにSBC新宿近視クリニックへいらっしゃいました!!

手術内容/プレミアムイントラレーシックplus 
視力の変化/右 0.5 ⇒ 1.2  左 0.2 ⇒ 1.5
※効果には個人差があります。

術後の体験談

眼鏡のない180゜解放された視界はまさに開眼の心境である。

 眼鏡のいらない、視界が解放された驚きの時間から3ヶ月がたった。  人生で信じられない出来事というのは、そうあるものではない。人生77年のうちで最も感動した出来事がレーシックを受けて眼鏡から解放されたことであった。  レーシックの話は良く聞いていた。それは近視の治療の一つと考えていた。

 私は若い頃は視力があり、学生時代からライフル射撃の選手であった。社会人になってハンティングを始め、国際ハンターとして世界の猟場をかけめぐり成果を享受していた。しかし50代を境に徐々に遠視が進み、さらに銃の衝撃もあり乱視が加わり眼鏡なしでは狩猟やヨットといった世界だけではなく、日常生活が不都合になってきた。  ヨットや狩猟には双眼鏡が欠かせない。ライフル銃には高倍率のスコープがついている。眼鏡使用者にとっては眼鏡そのものが大きなハンディになることは申すまでもない。年をとるとはこういうものなのだと、その不都合なハンディを受け入れていた。  ところがある日、湘南美容外科クリニックの統括院長相川佳之さん(私の親友)の妹である、みづ帆さんから電話があり、レーシックに関心がないかと聞かれた。  レーシックは近視の治療と思っていたので全く私には関係のない話だと言った。ところが話を聞いていて私の答えは私の無知のなせる業であることと思い知ったのである。

 彼女の言われるままに診察を受け、レーシック治療が可能であることを知った時は驚きと感動、そして信じられない思いが強かった。  数分の治療後、一瞬にして視界が解放された。眼鏡のない180゜解放された視界はまさに開眼の心境である。人生観が変わるに違いない。  大海原や猟野を裸眼で眺め、ライフルスコープや双眼鏡を裸眼で使える。こんな夢のような話が人生77年にして起こるとは思わなかった。  それにモダンなサングラスを手あたり次第に漁って使える喜びは開眼したものにしか分からない秘められた感動である。  作家 佐藤富雄(77)

■Dr.佐藤富雄さん プロフィール
生き方健康学者、作家。
2003年10月に開講した「口ぐせ理論実践塾」では塾長を務め、セミナーでその生き方理論を直伝している。