レーシックや近視治療、老眼治療、白内障治療、オルソケラトロジー、ReLEx SMILE(リレックススマイル)なら新宿近視クリニック


レーザー老眼治療

多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズは、焦点を一つの距離のみに合わせる単焦点眼内レンズと異なり、遠距離・中間距離・近距離など複数のポイントに焦点を合わせることが可能なレンズです。 下の写真のように近くのメモや、遠くの値札にも焦点が合うようになります。

もちろん、若い頃の見たいところに自由にピントを合わせてくれた水晶体とは異なるので、全くメガネが必要なくなるわけではありませんが、従来の老眼治療と比べてメガネをかける頻度が圧倒的に少なくなり、患者様のQOL(生活の質)を向上させることが可能です。

職業柄、メガネやコンタクトレンズの装用ができない方はもちろん、メガネをかける頻度や本数を減らしたい方に適しています。

欧米では、この老眼治療の件数が近年非常に増えており、また日本でもこの多焦点レンズを用いた老眼治療の件数が増加傾向にあり、今後老眼治療の第一選択になると思われます。

単焦点レンズと多焦点レンズの見え方の違い

多焦点レンズを用いた老眼治療をより正確に、より安全に!

レーザー老眼治療工程にレーザーを用いることで治療をほぼ全自動化!!

厚労省承認
先進医療対応
CATALYS CLEAR VISION
(カタリス クリアビジョン)

(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術) 片眼 780,000円(税込) 乱視用 片眼 830,000円(税込)

先進医療特約に加入していれば最新のレーザー老眼治療が実費負担0円のケースも!

※術前・術後は保険診療となります。
※糖尿病網膜症・黄斑部疾患などの網膜疾患があった場合や、術後に視力が出づらいと術前に判明した場合は適応にならないことがあります。