お得な情報
割引特典情報|様々な割引制度や特典があります 交通費・宿泊費最大3万円サポート お友達紹介制度|レーシックを受けようと考えている方が身近にいらっしゃいませんか?
  • 無料検査予約|カウンセリング・検査予約はこちらからどうぞ
  • 無料メール相談|何でもご相談、ご質問ください。丁寧にわかりやすくお答えいたします
  • 無料資料請求|レーシック治療、老眼治療等に関する資料請求ができます

新宿近視クリニック
無料説明会日程

ReLEx SMILE
レーシック・ICL

224日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
老眼治療

217日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
レーザー白内障手術

217日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
著名人レーシック体験レポート
老眼・白内障治療
メディア掲載情報(多数のメディアで紹介されています)
私たちにとっての「患者様の声」とは
提携ホテルのご案内
取材・メディア・広告についてのご連絡先

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)

もっとも質の高い見え方を実現!
レーシックやLASEKが適応外の方にも治療可能

ICLホールタイプ(眼内コンタクトレンズ)

角膜と虹彩の間に眼内レンズを挿入することで光の屈折を調整!
角膜が薄くても施術可能です。

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)は、ソフトコンタクトレンズに似た材質の眼内レンズです。
眼内の虹彩の前(ICLは後ろ)に眼内レンズを挿入することで屈折力を変え、近視・乱視・遠視を矯正します。
眼の内側にレンズが入るため、コンタクトレンズのように日常生活の中で外れてしまうこともなく、異物感もまったくありません。 裸眼と同じ快適さで視力が回復します。
※予約状況によっては、ご希望の日程に沿えない場合がございますのでご了承ください。

施術の特徴

  • レーシックと比べて、見え方の質が非常に高い
  • 角膜を削らずに視力矯正が可能
  • 術後の近視の戻りがない
  • 強度の近視・乱視・遠視でレーシックやLASEKを受けられない方にも適応
  • 角膜が非常に薄い方でも手術可能

【日程】
●施術日/お問い合わせ下さい。
●施術時間/片眼20分程度
●術後検診/翌日・2日目・1週間目・2週間目・1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
●保障期間/1年

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)は施術の予約の際に、内金として手術代金の半額をお支払い頂きます。 1年目以降の定期検診は1回5,000円(税別)になります。(点眼代別途)

見え方の質が向上し、鮮やかな世界を映し出す

角膜を削り収差が増えた場合 ICLホールタイプをインプラントした場合

角膜を削ることなく、眼内のレンズで近視を矯正するので、メガネやコンタクトレンズで矯正することのできない角膜のわずかな歪み(収差)が増えることがないので安心です。さらにクリアで鮮やかな見え方やハイビジョンの奥行、立体感を実感でき見え方の質を向上させます。
レンズは交換する必要がないため長期にわたって安定した視力を維持できます。 また、レンズを交換したり取り出すことで、視力の調整や元の状態に戻すことも可能です。

当院の医師はICL(眼内永久コンタクトレンズ)認定書を取得しています

当院の医師はICLホールタイプ認定書を取得しています

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)の種類

名称 挿入位置 形状(イメージ)/材質等
ICL
(眼内永久コンタクトレンズ)
FDA承認
FDA承認
後房型 ICL
コラーゲンとハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)
の材質のレンズ
ARTISAN
(アルチザン)
FDA承認
前房型 ARTISAN(アルチザン) ポリメチルメタクリレートというハードコンタクトレンズと同じ材質のレンズ(ハードタイプ)
ARTIFLEX
(アルチフレックス)
FDA承認
前房型 ARTIFLEX(アルチフレックス) 光が通る部分(光学部)がシリコンできた柔らかい材質のレンズ(ソフトタイプ)

新規ICLレンズ EVO+ICLを導入!

  • 従来のレンズと比べて光学部の直径が大きくなり、ハロー・グレアが少なくなり夜間の視力が向上!
  • 瞳孔径の大きい若い方の見え方の質も改善

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)とは?

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)とは?

通常のICLの中央部分に0.36mmの極小の穴が開いているICL(穴あき後房型ICL)です。穴が開いていることで、房水の流れ(目の中で循環しているお水の流れ)がスムースになり、術後の眼圧上昇を抑えるための虹彩切除術の必要がなくなりました。
また、水晶体前面の房水の流れが改善することで、従来のICLの欠点であった白内障の発生リスクが圧倒的に軽減されました。
ICL(眼内永久コンタクトレンズ)はすでに国内・海外において眼内コンタクトレンズの主流となっているレンズです。

レンズの挿入位置

前房型レンズの場合
前房型レンズ挿入位置の断面図
レンズを角膜と虹彩
の間に挿入します。

挿入後の実際の写真
実際に挿入した写真です。

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)の場合
後房型レンズ挿入位置の断面図
レンズを虹彩と水晶体
の間に挿入します。



挿入後の実際の写真
虹彩の後ろにレンズを挿入するので、
正面から見てもレンズが
入っているのが分かりません。

治療の流れ

STEP1 STEP1 点眼麻酔と散瞳剤を点眼します。
STEP2 STEP2 強膜と角膜の境目を数ミリ切開します。
STEP3 STEP3 レンズを挿入します。
STEP4 STEP4 レンズ位置を調節し、虹彩と水晶体の間で固定します。
STEP5 STEP5 点眼で瞳孔を縮めて終了です。

 

医師のレーシック体験談。私たち医師もレーシックを受けました。その効果にはまったく驚きです!