老眼とは?

眼が疲れやすく長時間文字を読めない

眼が疲れやすく
長時間文字を読めない

手元の文字がぼやけて読めない

手元の文字が
ぼやけて読めない

眼を細めるため目つきが悪いと思われる

眼を細めるため
目つきが悪いと思われる

人間の眼は、見る物の距離によってピントが合うように“調節機能”が備わっています。
日常生活でも、無意識のうちに“調節”を行っています。
車の運転を例にすれば、標識や前方の景色を見る際には遠くにピントを合わせ、 スピードメーターやカーナビを見る際には近くにピントを合わせるという作業が“調節”に当たります。
近くにピントを合わせる時、眼の中の水晶体というレンズを膨らませる事で屈折力を高めています。
逆に近方から遠方にピント調整を行う際には、膨らんでいた水晶体を元に戻すことで遠くのものにピントを合わせています。

老眼というのは、水晶体の弾力が失われ、これらの調節機能が徐々に失われていく事を指します。
一般的には、症状を感じ始めるのが40歳代と言われており、近視の有無や個人差により多少の前後があります。

近視について

近視は手元にピントが合っている状態で、老眼の進行に気付きづらいという特徴があり、 40代中盤になっても、実感がないという人は、軽度な近視がある場合がほとんどです。
当院にも、レーシック検査で来院した患者様で、軽度の近視がある為、50歳を過ぎても 症状に気付いていない方がいらっしゃいます。
そういった場合には、実際に検査をして、完全矯正(ざっくり表現すると視力1.0〜1.5出ている状態)の状態で 手元を見てもらう事で視力の状態を自覚していただきます。
自覚がない方に、レーシックをしてしまうと、上記のように手元が見えづらくなる可能性があり、 生活状況によってはかえって眼鏡の使用頻度が増えてしまう事があるからです。
そのような状態を回避する為、近視・乱視・老眼を同時に解消するいくつかの治療が存在します。

老眼治療の種類

多焦点眼内レンズ挿入術

代表的な老眼治療のひとつ。これは白内障手術と同様、水晶体を取り除いた後に新しいレンズを入れる最新治療です。 通常の白内障手術と異なり、挿入するレンズが一点(遠方or近方)にしかピントが合わない単焦点レンズではなく、 遠方と近方の二点にピントが合う多焦点レンズを挿入します。

■メリット
  • ほとんどの場面で老眼鏡を必要としない日常生活を送れる事
  • 水晶体を取り除く事で白内障の発生が無くなることや老眼の進行が無くなる
  • 先進医療対応の術式であれば、実質費用が0円で受けられる
■デメリット

若い時のように連続的にピントを合わせる事が出来ない点や、中間距離にピントが合わない点、多少のハロ・グレア(光のにじみ)が出てしまう点があります。

モノビジョン

従来型の治療としては、左右の見え方に差を作り、片眼で遠方を、もう片方の眼で近方を見る方法です。

■メリット
  • レーシックで見え方の左右差を作る為、老眼治療の中では比較的安価
  • 左右差に違和感を感じる場合には、レーザーの追加により左右差をなくす事が出来る
■デメリット

左右差を作る点にあり、立体的な見え方の低下や距離感が取りづらくなる事や手術後のドライアイ等が挙げられます。

レインドロップVue+

レインドロップVue+はフェムトセカンドレーザーでレーシックと同様にフラップを作成し、 フラップをめくりレインドロップをのせて、挟み込むようにしてフラップを戻します。
モノビジョンと同様に見え方としては左右差が出ます。合わなければ抜去する場合があります。

レーザー老眼治療 CATALYS CLEAR VISION(カタリス クリアビジョン)

老眼治療(多焦点眼内レンズ)

その他の老眼治療

新宿近視クリニックは『先進医療認定施設』です。

当院は『先進医療認定施設』であるため、生命保険会社の先進医療特約にご加入いただいていれば、 『多焦点眼内レンズ』を実質費用0円でお受けいただけます。 その他にも、患者様の目に合わせてオーダーメードで製造し、夜間の光のにじみが少ない 『LENTIS Mplus(レンティスMプラス)』など、最新の老眼治療や幅広い術式をご用意しております。 老眼治療手術の詳細や価格、お悩みやご希望する見え方などは、当院の眼科専門医にご相談ください。