お得な情報
割引特典情報|様々な割引制度や特典があります 交通費・宿泊費最大3万円サポート お友達紹介制度|レーシックを受けようと考えている方が身近にいらっしゃいませんか?
  • 無料検査予約|カウンセリング・検査予約はこちらからどうぞ
  • 無料メール相談|何でもご相談、ご質問ください。丁寧にわかりやすくお答えいたします
  • 無料資料請求|レーシック治療、老眼治療等に関する資料請求ができます

新宿近視クリニック
無料説明会日程

ReLEx SMILE
レーシック・ICL

224日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
老眼治療

217日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
レーザー白内障手術

217日(金)

PM6:00〜PM7:00
(受付:PM5:45)

お申込みはこちら
著名人レーシック体験レポート
老眼・白内障治療
メディア掲載情報(多数のメディアで紹介されています)
私たちにとっての「患者様の声」とは
提携ホテルのご案内
取材・メディア・広告についてのご連絡先

レーシックとは?

レーシックとは?

近視・遠視や乱視を治療する屈折矯正手術は様々な種類があり、現在もっともポピュラーな屈折矯正手術がレーシック(LASIK)です。

レーシック(LASIK)とは、角膜にレーザー(エキシマレーザー)をあてて角膜のカーブを変え角膜の屈折力を調整することにより、近視・遠視や乱視を矯正する視力回復法です。

手術時間は両眼約10分程度で、手術時の痛みも少なく翌日には98%以上の人が1.0以上の視力に回復するという画期的な治療法で、日本でも2000年に厚生労働省から認可がおりて以来、急速に普及して、1年間で約45万件のレーシック治療が行われています。

レーシックとは?

目の見える仕組みとレーシック治療の考え方

外から目に入ってくる光は、角膜から水晶体を通り、屈折した状態のまま網膜へと達し、像が写されます。これが目の見える仕組みです。
ところが、近視や遠視、乱視のある人は網膜の前後にピントがずれてしまうので、ぼやけたり、かすんだり、二重になったりしてはっきり見えません。
そこで、レーザーで角膜を削ることで光の屈折率を調整し、焦点を網膜に合わせて視力を矯正しようというのがレーシック治療の考え方です。
眼鏡やコンタクトの場合は、レンズを使い光の屈折率を変えて目の焦点を合わせますが、レーシック治療では、エキシマレーザーというレーザー光によって眼の角膜の形を変えて焦点を合わせます。

目の見える仕組みとレーシック治療の考え方

レーシック治療の主流はイントラレーシック

レーシック治療を大きく分けると2つの作業があります。ひとつは角膜を表面を薄く切って「フラップ」という蓋を作り、次にその「フラップ」をめくりエキシマレーザーというレーザー光を当てます。
この「フラップ」を作る際に、従来はマイクロケラトームという超小型の電動カンナを使用していましたが、近年ではイントラレーシックと呼ばれる最新式のレーシックが開発されました。
イントラレーシックはフラップをイントラレーザーで作るため、より薄く精密で滑らかなフラップを作ることを可能にしました。
イントラレーシックの登場により、これまで治療が困難な薄い角膜の方、強度近視の方にも治療が可能になりました。

Intralase iFS(イントラレースiFS)

Intralase iFS
(イントラレースiFS)

アレグレット・ウェーブアイキュー・ブルーライン

アレグレット・ウェーブ
アイキュー・ブルーライン

レーシックの安全性

レーシックは“あらゆる外科手術のなかで最も安全性の高い手術”といわれており、米国FDAや欧州ではもちろんのこと、世界でも最も厳しい基準といわれる日本の厚生労働省にも認可されています。
全米では年間100万件以上の手術が行われており、日本国内においても年間40万件、累積で100万人以上の方がレーシックで視力が回復しております。
これだけ多くの方に広まる理由の一つが『安全性』であり、日本国内で日本眼科学会が認定する眼科専門医が行ったレーシック手術で失明したケースはないといわれております。

日本とアメリカの施術数

※2003年以前のアメリカのデータは記載されていません。

レーシック治療の流れ

STEP.1 洗眼および点眼麻酔 洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する目に付けます。
STEP.2 フラップを作成 角膜実質にイントラレースレーザーを照射し、均一なフラップを作成します。
STEP.3 フラップを翻転 フラップをめくります。
STEP.4 エキシマレーザー照射 エキシマレーザーを角膜実質層に照射し、角膜の屈折率を矯正します。
STEP.5 洗浄 フラップを戻し、フラップ下をよく洗浄することで余分な異物を徹底的に洗い流します。
STEP.6 フラップが自然に接着されるのを待ちます。(数分間)
痛み・回復時間
手術中や術後の痛みは少なく、視力の回復が早い
短い手術時間
手術時間が両眼で約20分と非常に短く、入院の必要がない
強度でもOK
強度の近視矯正も可能
近視も乱視も一度に
近視と乱視の両方を一度に治療することができる
両眼同時に
両眼を同時に手術が可能
高い精度と安定性
矯正精度が高く、視力の安定性が高い
煩わしさにサヨナラ
裸眼になり、メガネやコンタクトなどの煩わしさから解放される
大きなコストの差
メガネなどの生涯使用コストと一度の手術料の大きな差額