ReLEx(リレックス)とは

ReLEx SMILE(リレックススマイル)とは

従来のレーシックのようにフラップを作らず、一台のレーザーで屈折矯正まで行える次世代の手術です。

ReLEx SMILE(リレックススマイル)は次世代型のフェムトセカンドレーザーVisuMaxを用いて角膜の内側をレンズ状にカットし、角膜片(レンチクル)を作成します。そして、そのレンチクルを最小2mm程度の傷口から抜き出すことで角膜のカーブが変わり屈折力が変化して視力が回復する新しい角膜屈折矯正手術です。

【レンチクルの作成シェーマ】

角膜片(レンチクル)を作成するために、フェムトセカンドレーザーを角膜内に照射します。まずレンチクルの裏面を作成してゆきます。

レンチクルの裏面の作成が終わったら、次にレンチクルの表面を作成します

レンチクルを抜き出すための最小2mm程度の小さな切開創を作ります(矢印の部分)

専用の攝子にて傷口からレンチクルを取り除きます。すると角膜の屈折値が変化して視力が回復します

レーシックとの違い

レーシックと、ReLEx SMILE(リレックススマイル)との違いを詳しくご紹介します。

【レーシック】

レーシック(LASIK)は「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略で、1990年に確立された治療方法です。
角膜に切れ目(フラップ)を入れて持ち上げ、そこにエキシマレーザーを照射し視力を矯正します。エキシマレーザーは1975年に開発され、
アメリカでは1995年に、日本では2000年に認可がおりてから、レーシック社会的認知度が徐々に広まりました。
レーシックはPRKに見られた強度近視の矯正した後の角膜混濁がなく視力回復も早いため、以後レーザー屈折矯正手術の主流になりました。
2001年にイントラレーシックが開発されてからは、フラップを薄く作る技術から、それまでレーシック不適応とされた方に適応され、
以後レーシックが屈折矯正手術の主流になり、現在に至ります。手術時間も約15分前後と短く、翌日からほとんどの日常生活に影響がないのですが、
手術後は、夜間の見え方に変化がでる「ハロ・グレア」という合併症や、軽いドライアイが出ます。

  • STEP.1

    洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する眼に付けます。

  • STEP.2

    角膜実質にイントラレーザーを照射し、均一なフラップを作成します。

  • STEP.3

    フラップをめくります。

  • STEP.4

    エキシマレーザーを角膜実質層に照射し、角膜の屈折率を矯正します。

  • STEP.5

    フラップを戻し、フラップ下をよく洗浄します。自然に接着されるのを待ちます。

【ReLEx SMILE(リレックススマイル)】

レーシックが、『フェムトセカンドレーザーでフラップを作成』 → 『エキシマレーザーで照射して視力を回復させる』という2工程なのに対し、
ReLEx SMILE(リレックススマイル)はフェムトセカンドレーザー1台で視力を回復させる次世代の角膜屈折矯正手術です。
レーシックに比べると、まだ歴史も浅いため症例数は少ないのですが、術後の経過もよく、レーシックで心配されるドライアイや
ハロ・グレアの症状が軽減でき、近視の戻りも少ないという結果から、今後もっと注目される角膜屈折矯正手術になります。

  • STEP.1

    洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する眼に付けます。

  • STEP.2

    眼にサクションリングを固定します。

  • STEP.3

    フェムトセカンドレーザーを照射し、角膜実質の内側にレンチクル(角膜片)を作成します。

  • STEP.4

    最小2mmくらいの小切開をつくり、そこからレンチクルを外に取り除き完了です。

  • STEP.5

    角膜内では、レンチクルがなくなり角膜のカーブを変わるため、視力が矯正されます。

使用する機器

ReLEx SMILE(リレックススマイル)治療において使用されるフェムトセカンドレーザーとは、
フラップを作成するレーザーのことをいいます。
角膜表面から一定の深さに気泡を発生させ、この気泡が角膜内部に隙間を作り角膜の内側に切れ目をつくりあげます。

【次世代型のフェムトセカンドレーザーVisuMax】

VisuMaxは2007年に発売されて、2009年に200KHzから500KHzへアップグレードされました。
VisuMaxでは、フラップ作成はもちろんのこと角膜移植にも使える高性能な機械です。照射スピードは500kHzと、iFSイントラレーザーの150kHzと比べて3倍以上速く、ReLEx SMILE(リレックススマイル)治療は全行程が約30秒で終了しますので、手術時間が短かくなり、患者様のご負担も軽減できます。

【主要なフェムトセカンドレーザーの比較】

VisuMax イントラレース iFS Zレーシック(フェトム LDV)
VisuMax イントラレース iFS Zレーシック(フェトム LDV)
全世界の症例数 25万症例(2015年8月時点) 数百万症例 15万症例
FDA許可された年 2007年 2009年(最新式) 2005年
厚労省認可 承認済み(flap,KP) 承認済み 未承認
照射スピード 500kHz(3Dカット) 150kHz(3Dカット) 5000kHz(2Dカット)
吸引方法 コンタクト式 圧平式 シャーレ式
吸引時の眼圧上昇(眼球への負担) 少ない 多い 多い
フラップエッジの角度 45~135度 30~150度 設定不可能(35度)
フラップの固定 固定力が強い 固定力が強い 固定力が弱い
フラップの厚み 80~220μm 90~100μm 100μm,110μm,140μm
フラップの径 7.0~9.6mm 3.0~9.5mm(0.1mm単位で設定可能) 8.6mm,9.0mm,9.5mm
フラップにかかる時間
安全性
10~15秒
(エネルギー量・スポットサイズにより変わる)
非常に安全
8~13秒
非常に安全
40秒
低い
フラップ作成時の位置修正 非常に優れている 非常に優れている 悪い
合併症 非常に稀 非常に稀 ケラトームと同様な合併症あり
ReLEx SMILE(リレックス・スマイル)PRICE ReLEx SMILE(リレックス・スマイル)PRICE

眼科専門医による個別相談ができる
「無料説明会」を開催しています!

  • 0120-66-0149
  • 0120-66-0149
  • (通話料無料)携帯電話・PHSからもご利用可能。
  • 受付時間 AM10:00~PM7:00/年中無休

レーシックのようにフラップをつくらない角膜屈折矯正手術の一つである、ReLEx SMILE(リレックススマイル)を紹介します。
視力回復なら高い顧客満足度を誇る新宿近視クリニックへ。

▲リレックススマイル(ReLEx SMILE)とは PageTopへ

新宿近視
クリニック
無料説明会

レーシック・ICL
ReLEx SMILE
9/29(金)
10/20(金)