ReLEx(リレックス)の特徴

ReLEx SMILE(リレックススマイル)の特徴

1985年以来、角膜屈折矯正手術はさまざまな変遷をとげてきました。
最も一般的なレーシックでは28mm必要だった切開も、ReLEx SMILE(リレックススマイル)では最小2mmにまで減少しました。
レーシックと、ReLEx SMILE(リレックススマイル)との違いを詳しくご紹介します。

傷口が最小2mmと小さい
※レーシックと比べて90%以上小さい
ReLEx(リレックス)ではわずか3mmの切開手術が可能になった

ReLEx SMILE(リレックススマイル)では最小2mmの切開手術が可能になった

ReLEx SMILE(リレックススマイル)は、フェムトセカンドレーザーで正確に角膜の中にレンズ状の角膜片「レンチクル」をつくり、最小2mmほどの小さな切り口からレンチクルを抜き出す手術です。レンチクルを抜き出すためにしか外側は切りませんので、レーシックに比べ90%も切る量が少なくなりました。

レーシックと異なりフラップを作らない
のでドライアイが少ない
レーシックと異なりフラップを作らないのでドライアイが少ない

レーシックではフラップを作成するため、上の図のようにフラップ作成時に角膜の知覚神経を切断してしまう部分が多いですが(オレンジ色の点線がフラップ作成する部分)、ReLEx SMILE(リレックススマイル)は上の図のように切開する部分がわずかなため、角膜の知覚神経を大部分温存できます。(角膜の知覚神経が切れると涙液量が減ってドライアイの症状が出現します)

ハロ・グレアが少ない
ReLEx SMILE(リレックススマイル)は、レーシックに比べ90%も切る量が少なくなったことから、角膜を傷つけることが少なくハロ、グレアになることが少ない施術です。
フラップを作らないので角膜の強度が高く、近視の戻りが非常に少ない
リレックススマイルはレーシックのように角膜にフラップを作成しないため、角膜の強度が高く、近視の戻りがレーシックと比べて非常に少ないのが特徴です。
格闘技等の激しいスポーツをされる方にも適応
格闘技等の接触の多いスポーツには、レーシックはフラップ作成するため不向きでした。リレックススマイルはレーシックのように角膜にフラップを作成しないため、フラップがずれたりする心配もなく、安心して激しいスポーツを行うことが可能です。
オールインワン フェムトセカンドレーザー
次世代型のフェムトセカンドレーザーVisuMAX

次世代型のフェムトセカンドレーザーVisuMAX

一台で手術が完了するので、患者様の手術中の移動がなく短時間で手術が完了。レーザーの照射時間は片眼約30秒 手術開始から終了までがわずか10分

2007年に発売され、2009年に照射スピードが200kHzから500kHzにアップグレードされました。照射スピードがiFSイントラレーザーの150kHzに比べて3倍以上速く、ReLEx SMILE(リレックススマイル)の照射時間が30秒程度で済みますので、手術時間も短く患者様の負担も軽減できます。また1スポットあたりの照射エネルギーが他のフェムトセカンドレーザーよりも小さいので、術後の炎症がより少ないのが特徴です。また非常に細かく照射できるため切断面が滑らかで正確な矯正効果が得られるのが特徴です。

ReLEx Smile(リレックス・スマイル)PRICE ReLEx Smile(リレックス・スマイル)PRICE

眼科専門医による個別相談ができる
「無料説明会」を開催しています!

  • 0120-66-0149
  • 0120-66-0149
  • (通話料無料)携帯電話・PHSからもご利用可能。
  • 受付時間 AM10:00~PM7:00/年中無休

レーシックのようにフラップをつくらない角膜屈折矯正手術の一つである、ReLEx SMILE(リレックススマイル)を紹介します。
視力回復なら高い顧客満足度を誇る新宿近視クリニックへ。

▲リレックス(ReLEx)の特徴 PageTopへ

新宿近視
クリニック
無料説明会

レーシック・ICL
ReLEx SMILE
11/24(金)