手術のながれ

手術のながれ

ReLEx SMILE(リレックススマイル)はフェムトセカンドレーザー1 台で視力を回復させる次世代の角膜屈折矯正手術です。

レーシックに比べると、術後のドライアイやハロ・グレアが少なく、また近視の戻りも少ないという特徴があり、
今後の屈折矯正手術の主流となる術式です。

  • STEP.1

    洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する眼に付けます。

  • STEP.2

    眼にサクションリングを固定します。

  • STEP.3

    フェムトセカンドレーザーを照射し、角膜実質の内側にレンチクル(角膜片)を作成します。

  • STEP.4

    最小2mmくらいの小切開をつくり、そこからレンチクルを外に取り除き完了です。

  • STEP.5

    角膜内では、レンチクルがなくなり角膜のカーブを変わるため、視力が矯正されます。

治療全体のながれ

新宿近視クリニックでは、手術前の検査から手術、そして術後の検診までのすべてを、
豊富な経験をもつ日本眼科学会認定の眼科専門医が親身になって行っています。
実際に当院でReLEx SMILE(リレックススマイル)治療を受けられる場合の、カウンセリングから術後検診までの流れをご紹介します。

【無料適応検査のご予約・お問い合せ】

検査のご予約は電話またはインターネットで受け付けています。手術に対する疑問や不安などもお気軽にお問い合わせください。

適応検査前のコンタクトレンズ使用制限

  • ● ハードコンタクトレンズ/検査前2週間は使用しないで下さい。
  • ● ソフトコンタクトレンズ/検査前3日間は使用しないで下さい。
  • ● 乱視用ソフトコンタクトレンズ/検査前約1週間は使用しないで下さい。

※コンタクトレンズの制限日数は時間ではなく、
コンタクトを使用してない日数でのカウントとなります。

ご予約・お問い合わせ

● 新宿院 0120-66-0149
〈診療時間〉 AM10:00~PM7:00 通話無料 携帯OK
https://www.sbc-lasik.jp/relex/user/yoyaku.cgi

【無料カウンセリング】

意外かもしれませんがReLEx SMILE(リレックススマイル)治療は、受けたくても受けられない方が10人に1人の割合でいらっしゃいます。
手術を受けられるかどうかを判断するために最新の機器を使用し、角膜の形状や眼の状態などを検査します。
検査の結果次第でReLEx SMILE(リレックススマイル)治療が不適応と診断されることもあります。その場合別の術式をおすすめする場合があります。

適応検査を受けると分かること

  • ● 正確な視力が分かる
  • ● 目の健康状態を隅々まで把握できる
  • ● ReLEx SMILE(リレックススマイル)治療の適応が分かる

※適応検査によって眼の状態に問題があった場合は、最適な医療機関のご紹介もしておりますので、セカンド・オピニオンとしてもご活用ください。

【検査・手術・診察】

手術前の再検査を行い、事前に行った検査データと照合した後に眼科専門医が手術を行います。
手術は両眼で約10分前後で終わります。点眼麻酔を行いますので痛みは少ないです。
手術後に目の状態を確認して終了です。

【術後検診】

術後は、手術翌日・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後に検診を実施。短期間で終了します。

ReLEx Smile(リレックス・スマイル)PRICE ReLEx Smile(リレックス・スマイル)PRICE

眼科専門医による個別相談ができる
「無料説明会」を開催しています!

  • 0120-66-0149
  • 0120-66-0149
  • (通話料無料)携帯電話・PHSからもご利用可能。
  • 受付時間 AM10:00~PM7:00/年中無休

レーシックのようにフラップをつくらない角膜屈折矯正手術の一つである、ReLEx SMILE(リレックススマイル)を紹介します。
視力回復なら高い顧客満足度を誇る新宿近視クリニックへ。

▲手術のながれ PageTopへ

新宿近視
クリニック
無料説明会

レーシック・ICL
ReLEx SMILE
9/29(金)
10/20(金)