当院の治療メニュー

最新近視・乱視治療

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)

角膜と虹彩の間に眼内レンズを挿入する手術です。レーシックよりも、質の高い見え方を実現します。

ReLEx SMILE(リレックススマイル)

レーシックを超えた、次世代の視力回復治療。 レーシックの角膜切除幅が最大28mmであることに対し、最小2mm(ReLEx SMILE2.0採用時)であるため、知覚神経の大部分を温存します。 ドライアイ、術後の痛み、近視の戻りが少なく、強い衝撃がある格闘技をされる方にもお勧めです。 58カ国350施設で導入され、25万症例以上の実績があります。 日本国内では10施設程度で採用されており、新宿近視クリニックの2千眼以上の症例実績は国内最多です。


レーシック治療をご検討の方

レーシック

レーシックとは、眼球の表面にある角膜をエキシマレーザーで削り、形状を変えることによって近視や乱視などを矯正する術式です。サッカー日本代表の本田選手は、新宿近視クリニックでレーシックを受け、その後も世界で活躍しています。


老眼治療をご検討の方

厚労省承認 先進医療対応レーザー老眼治療
CATALYS CLEAR VISION(カタリス クリアビジョン)

先進医療特約に加入していれば最新のレーザー老眼治療が実費負担0円のケースも!

老眼治療(多焦点眼内レンズ)

従来の老眼治療と比べてメガネをかける頻度が圧倒的に少なくなり、患者様のQOL(生活の質)を向上させることが可能です。


白内障治療をご検討の方

厚労省承認 先進医療対応レーザー白内障手術
CATALYS CLEAR VISION(カタリス クリアビジョン)

先進医療特約に加入していれば最新のレーザー白内障手術が実費負担0円のケースも!

その他の白内障手術

遠近だけでなく中距離の見やすさも追求した、最先端の多焦点眼内レンズなど、患者様の目の状態に合わせた術式を、ご提案をしております。


その他の治療