オーバーナイトコンタクトレンズ/オルソケラトロジー|手術不要!
就寝時に特殊なコンタクトレンズを装用するだけで視力回復!!

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーの成り立ちと仕組み

オルソケラトロジー(Orthokeratology)とは、特殊なデザインのコンタクトレンズを装用することよって角膜の形状を変え、近視や乱視を矯正する視力回復法です。

※ギリシャ語で、「オルソ(Ortho)=矯正」、「ケラト(kerato)=角膜」、「ロジー(logy)=療法」の意味があり、直訳すれば「オルソケラトロジー=角膜矯正法」となります。

オルソケラトロジーは、角膜の柔軟性に着目して開発された角膜矯正法なのですが、実はいくつかの偶然から発見されたという経緯があります。

オルソケラトロジーの成り立ち

まず、アメリカにおいてコンタクトレンズが普及した1950年代のこと。コンタクトレンズを外した直後に眼鏡を掛けた際、度が合わなかったり、かすんで見えるという現象が起こりました(コンタクトレンズ使用者の体験)。

いわゆる「スペクタクルブラー(眼鏡の霞)」といわれる現象ですが、その原因は、コンタクトレンズの形状に合わせて角膜の形が変わり、角膜の屈折率が変化したために起こるものと考えられました。

また、1960年代、円錐角膜の治療用として特別にデザインされたコンタクトレンズに視力を回復させる効果があることが発見されます。

この時、コンタクトレンズの中心部をややフラットにした場合、一時的に視力を矯正する効果があることが見出されました。

このような現象をきっかけに、その後、オルソケラトロジーの研究が始まることとなります。1970年代には視力回復法として本格的に研究が進み、1990年代に入ると夜間就寝時装用可能のレンズを開発。

2002年にはFDA(アメリカ食品医薬品局)にてその安全性が認可されました。

オルソケラトロジーの仕組み

step01 step02

オルソケラトロジーで使われるコンタクトレンズ(高酸素透過性のハードコンタクトレンズ)には内面に複数のカーブが施され、中央部が扁平になっています。

それが角膜を圧迫することで角膜の形を平坦にし、屈折率を変える働きをします。このコンタクトレンズを夜間就寝中に装用し、朝外します。

すると目が覚めた時は角膜の屈折率が変化しているために一時的に視力が回復し、日中は裸眼で生活できるというわけです。

アメリカではすでに100万人以上の方がオルソケラトロジーを受けています。

また近年では、学童期のお子様が装用することによって、近視の進行を抑制する効果があることもわかっています。

オルソケラトロジーの成り立ちとしくみ

監修医師紹介

経歴
2001年 北海道大学医学部卒業 北海道大学眼科学教室
2003年 手稲渓仁会病院
2007年 北海道大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2008年 University of Southern California,Doheny Eye Institute留学
2011年 新宿近視クリニック入職

レーシック・近視治療・視力矯正を
ご検討中の皆様へ

新宿近視クリニックが提供している治療は、患者様の大切な目に関する治療となります。当然、ご不安も大きいと思いますが、目の健康に関するプロフェッショナルである眼科専門医が、最も適した治療をご提案させていただきますのでご安心ください。

また、無料で行っているカウンセリングでは、どのようなご質問に対しても眼科専門医が的確にご回答をさせていただきますので、患者様ご自身にも正しい知識を持って頂き、少しでも安心して治療を行っていただくよう心がけております。

診察後、プロとして患者様のためにならないと判断した場合は、治療を望まれても勇気を持ってお断りさせていただきますのでご了承ください。

INDEX

電話で予約 / 問い合わせ 無料 適応検査予約