iFSイントラレーシックオプティマイズ

今までレーシックに慎重だった
医師も認めたレーシック!

iFSイントラレーシックオプティマイズ

最新型イントラレーザーiFSとAllegretto EX500を組み合わせたレーシック。

フラップの作成には世界最新型イントラレーザー『イントラレースiFS』を使用し、近視や乱視の矯正には世界最多実績を誇るエキシマレーザー『アレグレットEX500』を使用して行うレーシックです。
どちらのレーザーも世界最多実績を誇るメーカーの最新機種で、その圧倒的症例数から導き出された数値を元にデータを最適化してエキシマレーザーを照射しますので、非常に安定した術後視力が望めます。

施術の特徴

  • 厚労省承認の最新型イントラレーザーiFSによる安定性の高いフラップ作成が可能
  • 微小誤差アジャストシステムによるわずかな誤差も見逃さないフラップ作成が実現
  • 薄く滑らかなフラップ面とフラップの形を立体的に作成可能
  • 照射スピードが速く、抜群の精度を誇る高性能エキシマレーザーを使用
  • 経験豊富な医師が執刀し、医師の指名も可能
  • 1年間の再手術無料保障制度

この術式で使用する機器

Intralase iFS(イントラレースiFS)

イントラレーザーiFS

アレグレットEX500

アレグレットEX500

当院のiFSイントラレーシックオプティマイズとは

厚生労働省承認イントラレースiFSレーザーで正確なフラップの作成

均一で薄いフラップを作成することができます。
フラップの厚みや大きさ、フラップを支えるヒンジの位置や長さなどは、自由に設定が可能なので個々の目にあったオーダーメイドのフラップを作成できます。

フラップ面が薄く滑らかで、フラップの形を立体的に作成することができる

フラップ作成の全工程をすべてコンピュータ制御で行うため、完全な円形でムラのない滑らかなフラップ面になります。
また、形を立体的に作成することができるため、衝撃に強く激しいスポーツをする方にお勧めです。

照射スピードが速いにも関わらず正確な照射が可能なエキシマレーザー

iFSイントラレーシックオプティマイズで使用するエキシマレーザーは、レーシック手術では多数の症例数を誇る「アレグレットEX500」を使用します。
このレーザーは、フライングスポット方式を採用したエキシマレーザーで、他のエキシマレーザーに比べて短時間での照射が可能です。
また、アイトラッキングシステム(自動追尾装置)も搭載していますので、正確に瞳孔中心にレーザーを照射することができ非常に精度の高い矯正が可能です。

ハロー現象やグレア現象が起こりにくい

従来の照射に比べて照射系を大きく採れますので、術後のハロー現象やグレア現象が起こりにくくなっています。

近視・乱視が強くても手術可能

角膜への熱影響の少ない照射が可能なため、強度の近視・乱視の方でも治療することが可能です。

※一定以上の近視・乱視度数では、iFSイントラレーシックオプティマイズよりもアイレーシック®の方が視力の出が良い場合がありますので、その場合は当院ドクターとご相談ください。

治療の流れ

STEP1 洗眼および点眼麻酔 STEP1 洗眼および点眼麻酔
洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する目に付けます。
STEP2 フラップを作成 STEP2 フラップを作成
角膜実質にイントラレースレーザーを照射し、均一なフラップを作成します。
STEP3 フラップ翻転 STEP3 フラップ翻転
フラップをめくります。
STEP4 エキシマレーザー照射 STEP4 エキシマレーザー照射
アレグレットEX500というエキシマレーザーを角膜実質層に照射し、角膜の屈折率を矯正します。
STEP5 洗浄 STEP5 洗浄
フラップを戻し、フラップ下をよく洗浄することで余分な異物を徹底的に洗い流します。
STEP6 STEP6 フラップが自然に接着されるのを待ちます。(数分間)
 

 

医師のレーシック体験談。私たち医師もレーシックを受けました。その効果にはまったく驚きです!