LASEK(ラゼック)

角膜の形状異常の方や角膜の薄い方におすすめ!

LASEK(ラゼック)

施術の特徴

  • フラップを作らないため角膜の強度が高い
  • ボクシングや格闘技などの激しいスポーツをする方に最適
  • 角膜の形状異常があってレーシックができない人にも手術可能
  • 角膜の厚みが足りない方におすすめ
  • 視力の安定には、一週間程度の時間がかかります
  • 術後1週間ほど、保護用のコンタクトレンズを装用します

レーシック手術ではフラップ作成時にマイクロケラトームやレーザーなどを用いるのが一般的ですが、ラゼック手術では20%エタノールを使って角膜上皮をめくります。
レーシックでは、角膜上皮層、ボーマン膜と実質層の一部でフラップを作成するのに対し、ラゼックでは角膜上皮層のみをめくり、ボーマン膜の上からエキシマレーザーを照射します。
レーシックよりも浅い層でエキシマレーザーを照射することからPRKという術式に分類され、フラップを作成しないため、特に角膜の薄い方に最適。
また、めくった角膜上皮細胞は皮膚と同じように自然再生いたします。
目の衝撃に強く、ボクシングや格闘技などの激しいスポーツをする方におすすめの施術法です。

治療の流れ

STEP1 洗浄・麻酔 STEP1 洗浄・麻酔
眼を洗浄し、点眼薬で麻酔します。
STEP2 角膜上皮をやわらかくする STEP2 角膜上皮をやわらかくする
アルコールを流して約30秒間ほど浸し、角膜上皮をやわらかくします。
STEP4 角膜上皮をめくる STEP3 角膜上皮をめくる
やわらかくなった角膜上皮(50μm)をめくります。
STEP5 角膜を矯正する STEP4 角膜を矯正する
適応検査時の解析データに基づきエキシマレーザーを照射し、角膜を矯正します。数10秒程度で終わります。
STEP6 コンタクトレンズの装着 STEP5 コンタクトレンズの装着
角膜上皮を洗浄し、角膜を保護するための治療用のコンタクトレンズを装着します。
 

 

監修医師紹介

経歴
2001年 北海道大学医学部卒業 北海道大学眼科学教室
2003年 手稲渓仁会病院
2007年 北海道大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2008年 University of Southern California,Doheny Eye Institute留学
2011年 新宿近視クリニック入職

レーシック・近視治療・視力矯正を
ご検討中の皆様へ

新宿近視クリニックが提供している治療は、患者様の大切な目に関する治療となります。当然、ご不安も大きいと思いますが、目の健康に関するプロフェッショナルである眼科専門医が、最も適した治療をご提案させていただきますのでご安心ください。

また、無料で行っているカウンセリングでは、どのようなご質問に対しても眼科専門医が的確にご回答をさせていただきますので、患者様ご自身にも正しい知識を持って頂き、少しでも安心して治療を行っていただくよう心がけております。

診察後、プロとして患者様のためにならないと判断した場合は、治療を望まれても勇気を持ってお断りさせていただきますのでご了承ください。