白内障とは

白内障は眼の中にある水晶体というレンズが混濁する事で、視力の低下をきたす疾患です。
最初は眩しく感じることが増え、白くかすむ症状が現れ始め、その後、視力低下をきたします。

健康な目

水晶体は透明なので
光は網膜に届きよく見えます。

白内障の目

水晶体が濁るので
光が網膜に届きにくく
見えづらくなります。

様々な要因で発症し、代表的なものとして、加齢、外傷、紫外線等によるものが挙げられます。
現代では、医学の発展とともに平均寿命が延びることで、加齢による白内障が増加しており、 軽度の水晶体の混濁も含めると、50歳代で4割〜5割、60歳代では7割〜8割の方に発症しているというデータもあります。
病状の進行によって自覚症状が生じます。

見え方シュミレーション

  • 正常な状態
  • 白内障
  • 老眼
  • 近く・中間距離・遠くに焦点が合っている状態です。

  • もやがかかったように風景が白くかすんで見えたり、 光の強い屋外や明るいところでは、まぶしくて見えにくい状態です。

  • 老眼が強くなると手元にピントを合わせるのが困難になり、老眼鏡が必要になります。

白内障の治療方法

ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、
濁った水晶体をもとに戻すことはできません。

進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、
眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われています。

水晶体が濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、
霞んだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すれば視力が低下し、眼鏡でも矯正できなくなります。

白内障手術について

濁った水晶体を取り除き、新しい眼内レンズを入れることで
視力の回復を図ります。

眼内レンズを用いた白内障治療の歴史は長く、
1949年イギリスで行われたのをはじめとした 最新の情報によると、

眼科手術全体の85%を占める
日本全国で年間120万症例以上が行われています。

また、保険診療として認められている事や、多数の症例数等をみると、
その安全性や有効性は極めて高い事が分かります。

保険診療による手術では、単焦点レンズを挿入するので、術後の眼鏡使用は必須となり、
裸眼で生活するという
QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上
までは望めません。

車の運転やスポーツ等の屋外活動、映画鑑賞や読書等の文化的活動を
裸眼で行う事を重要視する方には、 満足のいくものではないかもしれません。

白内障手術の方法

白内障の手術には保険適応の白内障手術のレーザーを用いた手術の2つから
患者様に合った方法をご提案させていただきます。

先進医療特約 白内障手術とは

先進医療とは、厚生労働大臣が保険適用外の先端的な医療技術と保険診療との併用を
一定の条件を満たした施設のみに認める医療制度です。

新宿近視クリニックは多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)を、
厚生労働省の承認を受けた「先進医療」として実施できる施設に認定されています。

白内障手術
術前後の診察などに保険が適応されるだけでなく、民間の生命保険「先進医療特約」の
対象となるため費用が全額給付、つまり実質負担0円となる場合があります。

先進医療特約対応の眼内レンズは2焦点レンズになります。

2焦点レンズとはその名の通り、複数の距離にピントが合う
遠近両用の眼内レンズです。

白内障手術では、濁った水晶体を除去して、代わりに眼内レンズを挿入することで、
除去した水晶体の代わりになります。

  • 多焦点レンズ
    多焦点レンズ

    複数の距離にピントが合っているので、眼鏡を使わなくても見える場面が多く、そのつど眼鏡をかけたり外したりという煩わしさがありません。

  • 単焦点レンズ
    単焦点レンズ

    単焦点眼内レンズはピントが一定の距離にしか合っていません。ピントは遠方(車の運転などの時、眼鏡が不要)か近方(手元の文字の読み書きに眼鏡が不要)どちらか一カ所になります。

通常の保険診療で行う白内障手術の場合、使用するレンズは単焦点レンズといい、ピントが合う距離が1つなので、基本的には術後に眼鏡を使用する必要があります。
一方、多焦点レンズはその名の通り、複数の距離にピントがあう、いわば遠近両用の眼内レンズになります。そのため、術後に裸眼で見える範囲が広がり、眼鏡を使う必要性が非常に少なくなります。

見え方シュミレーション

  • 正常な状態
  • 白内障
  • 2焦点
  • 近く・中間距離・遠くに焦点が合っている状態です。

  • もやがかかったように風景が白くかすんで見えたり、 光の強い屋外や明るいところでは、まぶしくて見えにくい状態です。

  • 多焦点眼内レンズは、遠方・近方両方にピントを合わせる事ができるので、より自然な見え方を追求する方におすすめです。

超音波乳化吸引術(PEA+IOL)の流れ

白内障で低下した視力を回復するには点眼で直すことはできず、
手術による治療しかありません。

現在もっとも多く行われているのが超音波白内障乳化吸引術です。

slide1
01
まず、角膜に3mm程度の
小さな切開をします。
slide2
02
水晶体は水晶体嚢と言われる
薄い膜につつまれており、
この部分に丸い穴を開けます。
slide3
03
超音波乳化吸引機で濁った水晶体核
を細かく破砕して吸引します。
slide4
04
嚢の中に約6mmの眼球レンズを
3mmに折りたたんで挿入します。

切開創からは自然に広がり、水晶体嚢内に固定されます。
眼圧をあげると切開創は小さいため縫合しなくても
自然に閉じ手術は終わります。

白内障手術後の注意事項

白内障手術後は、日常生活においてさまざまな注意点があります。

特に手術後1週間は、洗顔や洗髪、飲酒、運動、車の運転などが制限されますので、
注意点を守って慎重に過ごすようにしてください。

  • 眼の保護

    眼の保護

    手術後1週間は、外出時にゴミや予期せぬ衝撃から眼をまもるため、保護用メガネを装用してください。

  • シャワー、入浴、洗顔、洗髪

    シャワー、入浴、洗顔、洗髪

    手術当日は肩から下のシャワーのみ可能です。
    顔は目の周りを避けて軽く拭く程度にしてください。
    入浴、洗顔、洗髪は翌々日の検診後から可能です。2.3日は目の中に水が
    入らないように注意してください。
    温泉、サウナは1週間(できれば2週間)お控えください。

  • 仕事

    仕事

    たいていのお仕事は翌々日から可能となりますが、
    職種によって異なります。
    1週間くらいは重いものを持たないようにしてください。

  • 車の運転

    車の運転

    視力が回復した時点で運転可能ですが、見え方に慣れるまでの間、特に夜間の運転は十分に注意してください。

  • 運動

    運動

    ジョギングなど軽いスポーツは1週間お控えください。
    目をぶつけたり汚したりする恐れのあるスポーツ(球技や水泳など)は1ヵ月程度お控えください。

1週間を過ぎればほとんど手術前と同じ日常生活が送れるようになりますが、
引き続き点眼薬でしっかり眼のケアを行うようにしてください。

レーザー白内障とは

レーザー白内障手術は2008年にヨーロッパで最初の手術が行われ、
既に世界50カ国以上の最先端の医療機関で導入されている白内障手術です。

レーザー白内障とは

白内障手術は超音波乳化吸引装置の発達によって、ここ20年程の間に術式が洗練され、手術件数も飛躍的に増加しました。

今回、このフェムトセカンドレーザーを使用したレーザー白内障手術が、白内障手術の新たな技術革新として近未来のスタンダードな手術になると言われています。

レーザー白内障手術機器は、未承認機器を含めると機種が何種類かありますが、
国内で承認が取れているものは2機種しかありません。

当院はそのなかで、AMO社の最新のカタリス プリシジョンレーザーを導入しました。
この機器は白内障手術だけに特化することで、他の機種ではもちえないメリットを得ることが
でき、レーザー白内障手術機器の中では現時点で最高性能と考えられます。

カタリス プリシジョンレーザー

白内障手術は従来ほぼ手作業(マニュアル)で手術を行っていました。

手作業での術式自体はほぼ完成され比較的良好な結果を得ることが大部分ですが、
手作業ゆえにどうしても手術の過程でトラブルが起こりやすい箇所が存在します。

従来の手作業(マニュアル)手術 3つのリスク

  • 不完全な前嚢切開
    不完全な前嚢切開

    不完全に切開した水晶体嚢の窓が、術後切開窓が小さくなる状態「前嚢収縮」を起こすことがあります。

  • 術嚢破損
    術嚢破損

    水晶体嚢の後方の嚢、後嚢が破損してしまうことがあり、水晶体の中身が目の奥に落下してしまいます。このことを後嚢破損と呼びます。

  • 角膜内皮障害
    角膜内皮障害

    内皮細胞の密度がある限度を超えて少なくなると角膜にむくみが発生し角膜の透明性が維持できなくなる「水疱性角膜症」を起こすことがあります。

従来の手作業(マニュアル)手術 で起こる
3つのリスクを限りなく抑えることができるのが、
レーザー白内障手術です。

レーザー白内障装置

AMO社 カタリスプリシジョンレーザー

AMO社の最新のカタリス プリシジョンレーザー装置は手作業で行う場合のトラブルが起こりやすい部位を含め手術の工程を オートメーション化(自動化) することで、
術中合併症を可能な限り
減少させることが可能
になりました。

カタリスプリシジョンレーザー
  • カタリスプリシジョンレーザー01
  • カタリスプリシジョンレーザー02
  • カタリスプリシジョンレーザー03

AMO社カタリス
プリシジョンレーザーの特長

01
水晶体の中心に完全な真円を作成可能
形状が真円になるので視力が安定します
  • 最新機器「カタリス」による手術法

    最新機器「カタリス」による手術法

    真円になる

  • 従来の手作業による手術法

    従来の手作業による手術法

    真円にならない場合がある

手作業による水晶体の前嚢切開では、形状を完全な真円にすることができません。特に多焦点眼内レンズではレンズのセンタリング(中心位置決め)が非常に重要で、眼内レンズの中心位置がずれてしまうと視力が出づらい場合がありました。当院で導入した最新のカタリスレーザーでは、レーザーで前嚢切開をするので、形状が真円になり眼内レンズの中心位置も安定し、良好な視力を得ることが可能です。また前嚢切開のサイズもレーザーだから自在に調整可能で、切開する位置も瞳孔中心、水晶体中心など患者様の目に合わせて自由にカスタムすることが可能です。

02
レーザーによる細かな水晶体分割により
術後の早期回復を実現

カタリスプリシジョンレーザーによる水晶体の分割

  • 水晶体

    ■あらかじめ水晶体をサイの目状に
    細かく分割可能

    ■照射部位をモニターでカラー表示し
    分割パターンを確認し照射可能

  • 従来の手作業による手術法

    ■細かく分割された水晶体

    水晶体の吸収時間が早くなり、 眼球に対する負担が軽減される。

マニュアルでは術者の手作業によるため、症例によって分割の精度や術後の炎症に差が大きくなります。カタリスレーザーでは、あらかじめ水晶体をサイの目状に分割することで、その後の吸引が簡単になるため安全性が格段に向上しました。また手術工程がスムースになるため、周りの組織へのダメージが少なくなり、角膜内皮障害などの合併症を抑え、術後の早期視力回復も可能になりました。

03
レーザー照射時間が短いから眼の負担が最小限に

前嚢切開にかかる時間

    •  
    • 前嚢切開
    • 水晶体分割
    • カタリス
      プリシジョンレーザー
    • 1.5秒
    • 20秒
    • 従来のマニュアル(手作業)
    • 約5∼120秒 (症例によって
      時間が大きく変わる)
    • 約20∼180秒 (症例によって
      時間が大きく変わる)

周波数

120kHz

カタリスのレーザーの周波数は120kHzと他の白内障レーザー装置比べて周波数が高いため、レーザーの照射スピードが速いのが特徴です。
前嚢切開にかかる時間はわずか1.5秒しかかかりません。これは手作業の前嚢切開と比べても圧倒的に速く、他の白内障レーザーと比べても圧倒的なスピードを誇ります。

04
メス不使用で手術可能だから術後のリスクを軽減
  • 最新機器「カタリス」による手術法

    レーザーによる角膜の切開

    ヒンジを作るように
    角膜を3面に切開可能。

  • 従来の手作業による手術法

    切開軸、切開幅、深さ、長さ、形状を
    自由に設定可能

    *角膜切開に関しては従来の切開で
    行った方が良いケース
    (老人環・周辺部角膜混濁症例等)もあります。

手作業のマニュアル手術では、傷口を作成するのにメスが必須です。カタリスレーザーでは水晶体を取り除くための傷口をレーザーで作成可能です。図のようなヒンジ型の3面切開が可能なので、傷口が開くリスクを軽減できます。

レーザー白内障 眼内レンズについて

ライフスタイルにあったレンズ選びを

新宿近視クリニックではライフスタイルに合わせて見え方を選択できるよう、
取り扱うレンズは2種類ご用意しております。

見え方シュミレーション

  • 正常な状態
  • 白内障
  • 2焦点
  • 3焦点
  • 近く・中間距離・遠くに焦点が合っている状態です。

  • もやがかかったように風景が白くかすんで見えたり、 光の強い屋外や明るいところでは、まぶしくて見えにくい状態です。

  • 多焦点眼内レンズは、遠方・近方両方にピントを合わせる事ができるので、より自然な見え方を追求する方におすすめです。

  • 近く・中間距離・遠くに焦点が合っている状態です。2焦点レンズではカバーできなかった中間距離もはっきり見え、手術後、眼鏡が必要になることはほとんどありません。

遠方と近方の二つに焦点を合わせる“2焦点レンズ”
遠方、中間距離、近方の三つに焦点を合わせる“3焦点レンズ”

多焦点眼内レンズは、焦点を一つの距離のみに合わせる単焦点眼内レンズと異なり、 遠距離・中間距離・近距離など
複数のポイントに焦点を合わせることが可能なレンズ です。
近くのメモや、遠くの値札にも焦点が合うようになります。

もちろん、若い頃の見たいところに自由にピントを合わせてくれた水晶体とは異なるので、全くメガネが必要なくなるわけではありませんが、従来の単焦点眼内レンズと比べてメガネをかける頻度は圧倒的に少なくなり、患者様のQOL(生活の質)を向上させることが可能です。職業柄、メガネやコンタクトレンズの装用ができない方はもちろん、メガネをかける頻度や本数を減らしたい方には好ましいと言われています。欧米では、老眼矯正の選択肢として多焦点眼内レンズを入れる人もいます。
QOL
    •  
    • 近距離の見え方
    • 中距離の見え方
    • 遠距離の見え方
  • 多焦点眼内レンズ
      • 2焦点レンズ
      • 3焦点レンズ

料金表

先進医療保険
対応

多焦点眼内レンズによる白内障手術
片眼529,620

レーザー白内障眼内レンズ

  • 2焦点眼内レンズ

    片眼794,440

    乱視用 片眼845,370

  • 3焦点眼内レンズ

    片眼794,440

監修医師紹介

経歴
2001年 北海道大学医学部卒業 北海道大学眼科学教室
2003年 手稲渓仁会病院
2007年 北海道大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2008年 University of Southern California,Doheny Eye Institute留学
2011年 新宿近視クリニック入職