レーシックや近視治療、老眼治療、白内障治療、オルソケラトロジー、ReLEx SMILE(リレックススマイル)なら新宿近視クリニック

新宿近視
クリニック
無料説明会

レーシックについて

近視・遠視や乱視を治療する屈折矯正手術は様々な種類があり、現在もっともポピュラーな屈折矯正手術がレーシック(LASIK)です。
レーシック(LASIK)とは、角膜にレーザー(エキシマレーザー)をあてて角膜のカーブを変え角膜の屈折力を調整することにより、近視・遠視や乱視を矯正する視力回復法です。

手術時間は両眼約10分程度で、手術時の痛みも少なく翌日には98%以上の人が1.0以上の視力に回復するという治療法で、 日本でも2000年に厚生労働省から認可がおりて以来、急速に普及して、1年間で約45万件のレーシック治療が行われています。

目の見える仕組みとレーシック治療

外から目に入ってくる光は、角膜から水晶体を通り、屈折した状態のまま網膜へと達し、像が写されます。これが目の見える仕組みです。ところが、近視や遠視、乱視のある人は網膜の前後にピントがずれてしまうので、ぼやけたり、かすんだり、二重になったりしてはっきり見えません。
そこで、レーザーで角膜を削ることで光の屈折率を調整し、焦点を網膜に合わせて視力を矯正するのがレーシック治療です。
眼鏡やコンタクトの場合は、レンズを使い光の屈折率を変えて目の焦点を合わせますが、レーシック治療では、エキシマレーザーというレーザー光によって眼の角膜の形を変えて焦点を合わせます。

眼の仕組み

  • 網膜眼の一番内側にある膜で、視神経を通して眼に見える映像を、脳に伝える役割があります。
  • 硝子体透明なゼリー状の組織で、眼の眼球の形状を保つと同時に、水晶体で屈折された光を網膜まで送る働きをします。
  • 角膜眼の窓の役割をしており、眼球保護の他にも、外から目に入った光を屈折させるレンズの機能も果たしています。
  • 水晶体両凸レンズの形をしていて、毛様体筋によって、網膜に映るピントを調節します。
網膜
眼の一番内側にある膜で、視神経を通して眼に見える映像を、脳に伝える役割があります。
硝子体
透明なゼリー状の組織で、眼の眼球の形状を保つと同時に、水晶体で屈折された光を網膜まで送る働きをします。
角膜
眼の窓の役割をしており、眼球保護の他にも、外から目に入った光を屈折させるレンズの機能も果たしています。
水晶体
両凸レンズの形をしていて、毛様体筋によって、網膜に映るピントを調節します。

目の焦点の状態と見え方

レーシック治療では眼の角膜の形を変えて焦点を合わせます

レーシック治療による視力改善の流れ

1.洗眼および点眼麻酔

眼を洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する目にさします。

2.フラップを作成

角膜実質にイントラレースiFSレーザーを照射し、均一なフラップと呼ばれる円形状のふたを作成します。

  • 角膜上皮角膜の一番外側にある層で、ゴミやほこりから角膜を守る役割や、
    外部の刺激でキズがついたときに修復する機能(再生機能)があります。
  • ボーマン膜角膜上皮と実質層の間にあり、コラーゲンで構成されています。
  • 実質層コラーゲンとたんぱく質で構成されており、外から眼に入ってきた光を
    屈折させる大切な役割をしています。
  • デスメ膜角膜の実質層と内皮層を結びつける役割をしてます。
  • 角質内皮血管の代わりに角膜全体に栄養分や酸素を供給する大切な働きがあります。
角膜上皮
角膜の一番外側にある層で、ゴミやほこりから角膜を守る役割や、外部の刺激でキズがついたときに修復する機能(再生機能)があります。
ボーマン膜
角膜上皮と実質層の間にあり、コラーゲンで構成されています。
実質層
コラーゲンとたんぱく質で構成されており、外から眼に入ってきた光を屈折させる大切な役割をしています。
デスメ膜
角膜の実質層と内皮層を結びつける役割をしてます。
角質内皮
血管の代わりに角膜全体に栄養分や酸素を供給する大切な働きがあります。
3.フラップ翻転

フラップを角膜から完全に切り離すことなく、一部残したままの状態で、角膜本体からめくりあげます。

4.エキシマレーザー照射

エキシマレーザーを角膜実質層に照射し、角膜の屈折率を矯正します。

角膜上皮とボーマン膜をめくりあげ、
エキシマレーザーを角膜実質層に照射します※実際には肉眼ではレーザは見えません。

5.洗浄

フラップを戻し、フラップ下をよく洗浄することで余分な異物を徹底的に洗い流します。

6.終了

フラップが自然に接着されるのを待ちます。(数分間)

エキシマレーザーで ピントを合わせます

レーシック治療では、エキシマレーザーで角膜の形を変えることで、網膜に正しくピントが合うように屈折率を調整します。

レーザー機器には様々な種類がございますが、治療する目の状態によって適合する機械が異なります。当院では最新型の機器を含む多種多様なメニューの中から、お客様に最適な治療方法をご提案いたします。

レーシックの治療一覧はこちらから

レーシックを安心に受けていただくために

レーシックは“あらゆる外科手術のなかで最も安全性の高い手術”といわれており、米国FDAや欧州ではもちろんのこと、世界でも最も厳しい基準といわれる日本の厚生労働省にも認可されています。

全米では年間100万件以上の手術が行われており、日本国内においても年間40万件、累積で100万人以上の方がレーシックで視力が回復しております。
これだけ多くの方に広まる理由の一つが『安全性』であり、日本国内で日本眼科学会が認定する眼科専門医が行ったレーシック手術で失明したケースはないといわれております。

徹底した衛生管理の実施

レーシック最大のリスクは感染症ですが、衛生環境や管理体制が主な原因となっています。当院ではクリニック内の設備や環境に細心の注意を払い、管理体制をしっかり行うことでレーシックのリスクを最大限低下させます。

クリニック内の衛生管理

手術室の空調にはクリーンルーム仕様の高性能HEPAフィルタを採用しています。
HEPAフィルタとはHigh Efficiency Particulate Air Filterの略語で、空気中の塵埃を取り除き、清浄空気にする目的で使用するエアフィルタの一種で、空気清浄機やクリーンルームのメインフィルタとして用いられます。
また、JIS規格によって、「定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルタ」と規定されており、空気中の微細なチリや菌をこのフィルタで徹底的に濾過します。
また、手術室を常に清潔に保つために、手術が終了した後から翌朝までの間、オゾン燻蒸(くんじょう)装置を使用し、室内にオゾンガスを放出し、手の届かない床や壁や天井までを隅ずみまで殺菌します。

点眼液による感染防止対策

白内障手術などの内眼手術を行う場合、術後の感染防止のために術前から抗生剤の点眼薬を使用することで感染症の発生を抑えられるとの統計が出ています。 レーシックの手術では統計は出ていませんが、可能な限り感染症を防ぐため、当院では患者様に手術前日から抗生剤の点眼を使用していただきます。
(検査当日に手術ご希望の方は、検査終了後から手術までの間に抗生剤の点眼を使用していただきます)

レーシックの治療一覧はこちらから

眼科専門医

日本眼科学会のガイドラインでは、同学会が認定する眼科専門医でなければレーシックの手術は行うことができないとされています。眼科専門医には、眼科の専門教育を5年以上受けるなどの厳しい条件をクリアした医師のみが認定されます。

日本眼科学会が認める日本眼科学会認定専門医とは

・専門医制度が認定した施設で5年以上の眼科臨床研修を修了していること
・4年以上、日本眼科学会会員であること
・日本眼科医会会員の医師であること

以上の3つの規定をクリアし、専門医認定試験に合格した医師のみに与えられる資格です。
この資格は、5年ごとにいくつかの条件のもとで資格更新が義務づけられおり、眼の専門医として信頼のおける資格といえます。

執刀は眼科専門医であっても、診察は専門医でないことがありますが、当院では手術のみならず、適応の判断や術後の診察も同様に重要であるとの考えから、執刀だけではなくこれらの診察にかかわる医師も全て日本眼科学会が認定した眼科専門医で行っております。 豊富な臨床経験と知識をもとに、患者様お一人おひとりに対し、最適な治療を行っております。

レーシックメニュー 一覧

最新の近視乱視治療

レーシックについて PageTopへ