適応検査・カウンセリング

適応検査・カウンセリング
術前検査から手術、術後検診まで。
専門医による最適な治療。
レーシックの手術は確実性が非常に高く、術後の満足度の高い手術ですが、術前検査で適応・不適応をしっかりと判断しなくてはなりません。

適応検査・カウンセリングの流れ

1. 受付〜問診表の記入

お名前、住所、連絡先、コンタクトレンズ・眼鏡の使用歴、眼の自覚症状、既往症、薬歴などについてご記入いただきます。

2. 適応検査

レーシック治療に適応するかどうか事前に適応検査を行います。所要時間は約1時間半〜2時間です。
・視力検査
・角膜厚を測る検査
・角膜のカーブを測る検査
・眼底検査
・水晶体や網膜の検査
など。

3. 散瞳剤の点眼

検査後、点眼薬で瞳孔を開きます。散瞳剤が効くまでの間、カウンセリングを行います。

4. カウンセリング

担当のカウンセラーが手術に関する詳しい説明を行い、手術についての疑問や不安な点についてお答えします。
・眼の構造について(近視・乱視・遠視とは?)
・近視や乱視、遠視が治る原理について
・手術手順
・手術での合併症について
・手術の注意事項(術前の注意事項など)

5. 診察

散瞳後の検査とともに、専門医による診察を行います。
手術の詳細説明など十分なインフォームドコンセントを行い、眼底に異常がなければ、レーシック手術の適応を決定します。
診断の結果によっては、レーシック手術をお勧めしない場合もありますので予めご了承ください。