取り扱い方法

正しく使って、毎日、安全・快適な装用を。

レンズの取り扱い

オルソケラトロジーのレンズの取り扱いは通常のハードコンタクトレンズと変わりません。
通常のコンタクトレンズに慣れている人であれば普通に使うことができます。
ただし、直接眼に触れる非常にデリケートな商品でもあり、その取り扱いには十分な注意が必要です。

レンズを取り扱う際の注意

*爪が長いとレンズを傷つけてしまう場合があります。爪は短く切り、先を丸くなめらかにしてください。
*レンズを触る時は、手指を石鹸できれいに洗い、よくすすいでください。
*テーブルの上にタオルなどを敷いて清潔な状態でレンズのつけ外しをしてください。
*レンズを洗面台で取扱うときは、レンズの流失を防ぐため、洗面台の排水口に栓をするか、流失防止マットなどを使用してください。
*レンズの左右を間違えないように注意してください。レンズは常に同じ側(例えば右眼)から取り扱うようにしてください。
*レンズに無理な力が加わると破損することがあります。レンズを持つ場合は、親指と人差指の腹でそっとはさむように持ってください。

レンズのつけ方・外し方

【夜、レンズをつける】
1)手を石鹸できれいに洗います。
2)レンズケースからレンズを取り出し、洗浄保存液を数滴つけ、軽くこすり洗いをします。
3)こすり洗いの後、水道水でレンズをしっかりすすぎます。
4)人差し指にレンズをのせ、装着液をレンズの内面に垂らします。
5)レンズを黒目の上にのせます。
6)ゆっくりまばたきをして、レンズを安定させます。

【朝、レンズを外す】
1)手を石鹸できれいに洗います。
2)眼を大きく開け、両手の人差し指で上下のまつ毛の生え際を押さえ、レンズの下方を下まぶたで固定し、レンズの上方を上まぶたの縁で引っ掛けます。
3)ゆっくりと眼を閉じ、まぶたに挟まれたレンズを指で挟んで取り出します。

レンズの洗浄・保存

外したレンズは洗浄し、次に装用するまで保存します。

1)レンズケースにレンズが十分浸る量の洗浄保存液を入れます。
2)レンズに洗浄保存液を数滴垂らし、よくこすり洗いをします。
3)こすり洗いの後、水道水でレンズをしっかりすすぎます。
4)レンズをレンズケースに収納します。

  • 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 資料請求
ご予約・お問合せフリーダイヤル

手術不要な視力矯正治療「オルソケラトロジー」の取り扱い方法をご案内しております。オルソケラトロジーなら高い顧客満足度を誇る新宿近視クリニックへ。

監修医師紹介

経歴
2001年 北海道大学医学部卒業 北海道大学眼科学教室
2003年 手稲渓仁会病院
2007年 北海道大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2008年 University of Southern California,Doheny Eye Institute留学
2011年 新宿近視クリニック入職

レーシック・近視治療・視力矯正を
ご検討中の皆様へ

新宿近視クリニックが提供している治療は、患者様の大切な目に関する治療となります。当然、ご不安も大きいと思いますが、目の健康に関するプロフェッショナルである眼科専門医が、最も適した治療をご提案させていただきますのでご安心ください。

また、無料で行っているカウンセリングでは、どのようなご質問に対しても眼科専門医が的確にご回答をさせていただきますので、患者様ご自身にも正しい知識を持って頂き、少しでも安心して治療を行っていただくよう心がけております。

診察後、プロとして患者様のためにならないと判断した場合は、治療を望まれても勇気を持ってお断りさせていただきますのでご了承ください。