レーシックや近視治療、老眼治療、白内障治療、オルソケラトロジー、ReLEx SMILE(リレックススマイル)なら新宿近視クリニック

よくある質問 Q&A

ICLの疑問を解消!
不安のある方は是非お読みください!

手術は本当に痛くないのですか?
手術前から数回点眼を行いますので、手術中に痛みを感じる事はありません。
痛みや麻酔に関する質問は一番多く頂いております。
当院で行っている全ての治療は目薬による麻酔(点眼麻酔)になります。
手術前から数回点眼を行いますので、手術中に痛みを感じる事はありません。
器具で目を大きく開いた状態で施術を行いますので軽く押される感じがすることはあります。
術中は目は見えるのでしょうか?
ぼんやりとした視界の中になります。
手術中は顕微鏡の照明が眩しく、ぼんやりとした視界の中になります。
手術器具や術者の動きがはっきり見えるというわけではありません。
手術時間はどのくらいですか?
両眼で約30分程度の時間になります。
ICLは高い技術を要するため、メーカーより技術講習を受けた医師のみが施術を許可されています。
当院では日本でも数少ない指導医である苅谷医師をはじめ、在籍医師はICL認定ですので安心して治療を受けていただけます。
手術後すぐに見えるようになるのでしょうか?
ほとんどの方が翌日から数日以内に安定した見え方になります。
施術直後から視力改善を体感できますが、当日はぼんやりとした見え方になりますのでなるべく室内でお休みいたく事をおすすめしております。
ほとんどの方が翌日から数日以内に安定した見え方になります。
手術後に、日常生活の制限はありますか?
術後、角膜は普段より抵抗力が弱い状態にあるため注意が必要です。
術後1週間はゴミやホコリから守るために、外出時にサングラスや保護用メガネを着用してください。
手術後の検査はありますか?
定期的に診察、検査させていただきます。
術後は手術翌日、翌々日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後にご来院いただき、目の状態やお客様のご様子などを診察、検査させていただきます。何か不安なことがあればお気軽に担当医師までご相談ください。
※手術後の経過によって、検診の回数が変わることがあります。
手術後のアフターケアはありますか?
ICL(眼内永久コンタクトレンズ)は、再手術保証が1年間ついております。保証期間中であれば、回復した視力が再び近視の進行によって低下した場合、追加費用なしで再手術が行えます。また、術後1年間にわたり何度でも定期検診をおこなえますので、目の状態が少しでも変化した場合は、一度クリニックまでご連絡ください。
ICLって今日初めて知ったのですが、本当に安全ですか?
厚生労働省の認可を受け高い安全性と有効性が認められています。
すでに70ヶ国、600,000症例以上行われています。
近年、レーシックに代わる視力回復として、ICLの需要は世界的にも伸びています。
欧州では1997年にその有効性と安全性が認められ国の認可を受けたのを皮切りに2002年韓国、2005年アメリカ、2006年中国、2010年に日本で厚生労働省の認可を受け高い安全性と有効性が認められています。
ICLはレーシックのようにレーザーを当てる治療ではなく、高い技術力が必要になりますので、行える施設も限られていますので知らない方も多くいらっしゃると思いますが、すでに70ヶ国、600,000症例以上行われています。
ICL(眼内永久コンタクトレンズ)ってどんな治療法?
ICL(眼内永久コンタクトレンズ)は、レンズを眼の中に入れて視力を矯正する治療です。インプランタブルコンタクトレンズを略して、ICL治療と呼ばれます。レンズは黒目(虹彩)の後ろ側と水晶体の全面の間に固定しますので、人に気付かれることはありません。
レンズはどんな素材でできていますか?
眼の中に入れるレンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材で、有害な紫外線をカットする機能もあります。半永久的に使用可能で、経年変化で眼の中でくもったり破れることはありません。眼の中でゴロつきや異物感を感じることもなく、眼にやさしい生体適合性の高い素材でお手入れも不要です。
レンズのメンテナンスは必要ですか?
眼の中のレンズは、くもったり汚れたりしないのでコンタクトレンズのように日々のお手入れやメンテナンスは一切不要です。万が一、治療後にトラブルが生じた場合はレンズを取り出して元の状態に戻すことができます。
手術時間はどのくらいですか?
ICLの手術はレンズを専用の器具で眼の中に入れます。約30分程度の時間で、麻酔は点眼麻酔を使用しますので痛みも気になりません。レンズを挿入する為、約3ミリ切開しますが縫合や抜糸の必要もなく回復が早いので日帰りで手術が可能です。
合併症はありますか?
ドライアイや夜間の光が滲む感じやギラつく感じ(ハロー・グレア)があります。角膜をレーザーで削らず、角膜を切開する幅も少ないので、どちらもレーシック手術より感じ方は少ないです。時間の経過とともに改善していきます。
ICLを受けられない方はいますか?
白内障、緑内障、黄斑部変形、強膜裂傷、ぶどう膜炎、角膜ヘルペス、角膜移植をしているなどの眼疾患のある方や過去にメスを使用した眼球疾患の手術を受けている方、眼球が小さくレンズの挿入スペースがない方のご案内が出来かねます。重篤な糖尿病、膠原病など内科的疾患や妊娠中、年齢が18歳未満の方も受けることが出来ません。
目の中でレンズは割れないですか?
レンズの素材が柔らかいものになりますので、割れることは考えにくいです。
カラーコンタクトレンズを使用していますが、治療後も装用できますか?
ICLは角膜を削らないので、角膜の形がほとんど変化しません。またドライアイや知覚過敏にもなりにくいので、カラーコンタクトレンズやサークルレンズを楽しむことができます。
将来、眼の病気に影響はありますか?
レーシックのように角膜を削る治療法と異なり、ICLは取り外すことができますので将来、眼の病気になった際に治療の選択肢が狭まるようなことはありません。